手水(てみず)用具について

今回は地鎮祭や安全祈願祭を執り行う際の最初の行事、手水(てみず)の事をご紹介致します。

この手水(手水)ですが所により手水(ちょうず)と呼ぶ場合もございます。

手水は式場の外で心身の穢れを洗い清め、祭式に臨む行事です。

写真の様に祭場の入り口に設置します。

祭場の入り口に手水役が二人立ち、一人は①の手水桶に入れた水を柄杓に汲んで②の零し(こぼし/手水受)の上で参列者一人ひとりの両手に注ぎ清めます。正式には柄杓で水を注ぐ際には3回に分けて左手、右手、左手と水を注ぎ最後の左手の時に口も濯ぎますが、時間上の関係などで省略可される事が多いようです。

もう一人の手水役に方は③の上に用意してある拭紙(半紙)渡して濡れた手を拭いて頂き④の拭紙入に入れ祭場に入場します。

手水役の方は所作の際に「おめでとうございます」と一言添えられるとよろしいでしょう。

手水の始まりに参列者の方がお互いに譲り合う場合がよくあります。そういった際に司会者が参列のお名前を順次お呼びされるとスムーズに進みます。

また参列者の人数が多い時には1台の手水用具では時間がかかってしまいますので、2台準備されたほうがよろしいでしょう。

今回は祭式を執り行う際の最初の行事になる手水用具をご紹介させて頂きました。

神酒拝戴用盃(カワラケ)の紹介です。

今回は地鎮祭や安全祈願祭の最後を締める

カワラケ(素焼盃)の紹介をさせて頂きます。

カワラケは神事行事の最後に祭壇にお供えをした神酒を

参列者の皆さんで頂く際に使用する盃のことをカワラケと呼びます。

上の写真の様にへぎ盆(白木盆)の上にカワラケを並べ

宮司(神官)さんが祭壇に供えている神酒を参列者の方々に注ぎ

宮司さんの挨拶の後、乾杯をします。

今回は神事行事に最後に欠かす事が出来ない

カワラケを紹介させて頂きました。

玉串仮案(八ツ脚)です。

神事の際の玉串拝礼などに使用する

玉串仮案(八ツ脚)のご紹介をさせていたただきます。

こちらの玉串仮案は神事行事の中の玉串奉奠の際に玉串(榊)をあらかじめ用意しておく台に

使用したり、玉串奉奠の際に祭壇の前に玉串仮案を置いてそちらに備える台に使用致します。

また、地鎮祭の鋤・鍬・鎌を置いたり・清めの道具を置いたり

神酒拝戴の際のカワラケを置くのに使用したりと

神事の際に祭壇周りで使用する色々な道具を置くのに

使用できます。

今回は神事行事をする際、1つあったら大変便利な

玉串仮案(八ツ脚)の紹介でした。

水器セット(塩・米・酒)

祭壇にを飾る際に無くてはならない水器セット(瓶子・高坏・水玉)の

ご説明を致します。

まず最初はお神酒を入れる瓶子です。

 

 

 

こちらの瓶子は基本的には1対(2個)での使用となります。

神事の最後にお神酒で乾杯する際にこちらの瓶子からカワラケにお神酒を注ぎ

参列者の方々で神酒拝戴に使用したりします。

次に高坏(たかつき)の説明です。

 

こちらの高坏も基本的には2個での使用となります。

1つの高坏には塩を盛り、もう一つの高坏には

洗米(水で洗って干した米)を盛ります。

 

3つ目は水玉(みずたま)です。

上の写真の右側にある物です。

こちらの上の蓋を外して水を入れます。

以上が神事の際に塩・米・酒をお供える際に必要な水器セットになります。

お供え物(神饌物)を飾る台 ”三方〝の紹介

今回は神事の際お供え物を飾る時には欠かせない三方を

紹介させていただきます。

こちらが三方になります。

こちらの台の上に平瓦(白いお皿の様な物)を置きお供え物(神饌物)を乗せて飾ります。

(弊社でも取り扱っております。)

もし準備出来ない時は半紙を敷いても大丈夫です。

三方を置く向きがあります。

下の台の所には三方に穴があいており、手前から見て一番奥側が穴の空いていない所が来るように置いて、穴の形がひょうたん型をになるように上下を合わせて置きます。

また、上部の上敷きと呼ばれる部分は一箇所継ぎ目がついてあります。その継ぎ目が手前に来るように置きます。

こちらの三方は神事の際のお供え物(神饌物)を置くのに使用する他に、お月見のお餅を置いたりひな祭りのお菓子を置いたり色々使えます。

ご入用の際はお気軽にお電話下さい。

お待ちしてます。

 

地鎮祭や安全祈願祭に使用する祭壇(三段案)です。

初めまして、イベント21の堀内です。

世の中には各種様々なイベントや式典などがありますが、

式典や地鎮祭について、ご紹介させていただきます。

こちらが地鎮祭や安全祈願祭などの神事行事には

無くてはならない祭壇です。

下に敷いてあるゴザ?の様な物をまこもとよびます。

祭壇は木製で組み立て式になっております。

こちらの祭壇の上に三方を置き

神様にお供えをする物(塩・米・酒・果物・野菜・乾物・鯛)を飾ります。

一番上に棒の様な物が出ている所に大榊を付けます。

祭壇は組み立て式になっており1人でも設営可能ですが安全の為

2人でも1分あれだば組上がります。

設営する際は平らな場所で会場の北側か西側に設置します。

イベント21では地鎮祭の会場設営から祭壇などの神事用具のレンタルも行っております。

お問い合わせをお待ちしております。